04-<< 2012-05- >>06-

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.05/24(Thu)

本日は小沢一郎の誕生日

またまた魔の一か月が過ぎ、本ブログに広告が掲載されるようになってしまった。
何か書かねばならないのだが、実験はまだまだ忙しい。

今日は5月24日、小沢一郎の誕生日(70歳)、おめでとうございます。

昨年10月6日初公判での陳述はとても感動的だった。
ブログ別冊「世に噛む日々」【小沢裁判】指定弁護士の冒頭陳述と小沢氏の全発言から一節を転載する。

また本件の捜査段階における検察の対応は、主権者である国民から何の負託も受けていない一捜査機関が、特定の意図により国家権力を乱用し、議会制民主主義を踏みにじったという意味において、日本憲政史上の一大汚点として後世に残るものであります。

これほど公然と国家権力に果敢に立ち向かうことのできるひとは、そういない。

字義的にとらえると、国家権力と闘争する「前衛」が共産党のはずなのだが、その共産党が率先して国家権力と共謀し、小沢叩きを行ってきている。共産党はいつのころからか、共産主義者の党ではなくなったようだ。国家権力と結託しているところからすると、庶民のための党でもないようだ。

美しい国土の再建と庶民の暮らしの向上のために、小沢一郎の提唱する「国民の生活が第一。」の政治が一刻も早く行われるよう、祈りたい。





スポンサーサイト
18:33  |  権力の闇  |  TB(1)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。