08-<< 2017-09- >>10-

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.01/31(Tue)

カリウム40とセシウム137 (3)

明治の粉ミルク問題ですが、「アカチバラチの日記」さんから勉強しました。

母乳に含まれる放射性カリウムK40を基準に考えると、その粉ミルクに含まれる放射性セシウム137は無視できる量であると、結論しています。乳児がミルクを1日に1リットル飲んだ場合として、アカチバラチの日記さんは被曝量を↓の表のようにまとめました。表中、下の二行の「元々」はカリウム40による寄与(自然被曝)です。

今回の放射性セシウム    : 0.100マイクロシーベルト
母乳に元々含まれるもの   : 0.868マイクロシーベルト
粉ミルクに元々含まれるもの : 2.108マイクロシーベルト

粉ミルク授乳の場合、放射性セシウムによる寄与は20分の1、これをどう評価するか。一年、これを飲み続けると放射性カリウム40によって約0.7 mSv (自然被曝), 放射性セシウムによってその5%の約0.04 mSv (人工被曝)の被曝になる。この寄与の健康影響については、後日また考えたいと思います。

ここで私が問題にしたいのは、この乳児にどれだけ放射性セシウムが蓄積するか、という点です。

今回の粉ミルクを用いると、1リットルの中にはセシウム137とセシウム134合わせて約4 Bq含まれることになるようです。
放射性セシウムの生物学的半減期は「蛭子ミコト:ブログ版」さんによると約9日。この値を使い、1.44×1日の摂取量×有効半減期(ただし、有効半減期=実効半減期は日数として表す)によって体内蓄積量(飽和量、定常値、平衡値)を算出すると約50 Bq(人工被曝)。乳児の体重を10 kgとすると、体内カリウム量はその約0.2%(だいたい20 g)、よって放射性カリウムは600 Bq(自然被曝)程度になります。物理学的半減期は生物学的半減期に比べとても長いので、実効半減期は生物学的半減期に等しいとみなせる。

乳児は日々成長しているわけで、こうした計算はとても粗いわけですが、自然被曝(カリウム40)に対する人工被曝の割合を大雑把に見積もってみるのも一つの目安にはなるでしょう。

体内における(放射性セシウム)/(放射性カリウム)の比率がどのようになるかは、次の二つの要因によって決まる。
①生物学的半減期は、乳児の成長に伴って日々長くなっていく。その結果、放射性セシウムは蓄積しやすくなっていく。
②一方、体内カリウム量(その一万分の一がK40)は日々増加していく。

結局、生物学的半減期の一日当たりの増加率と体重の一日当たりの増加率を計算に組み込むともう少し正確な(放射性セシウム)/(放射性カリウム)の比率が見積もられると思います。もしかすると、生物学的半減期の増加率は体重の増加率に等しくなるように計算されている可能性もありますが、どなたかご教示いただければ幸いです。

なお、上表をみると、仮に粉ミルクがセシウム汚染していない場合であっても(二行目と三行目の比較)、自然被曝をできるだけ抑えるという基準だけをとると母乳の方がよい、という結論が内包されているようにも感じられます。

しかし、それが錯覚であることは前回、カリウム40とセシウム137 (2)で述べたとおりです。体内カリウム量はホメオスタシス調節されているため、日々のカリウム摂取量にかかわらずほぼ一定の範囲に保たれており、このため自然被曝量もほぼ一定に保たれるはずなのです。


関連記事

テーマ : 放射能汚染 - ジャンル : 政治・経済

13:52  |  低線量被曝  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメント:を投稿する

URL
コメント:
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメント:を表示  (現在非公開コメント:投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバック URL

→http://euglena00.blog.fc2.com/tb.php/10-507297a0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。