10-<< 2017-11- >>12-

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.02/01(Wed)

禁煙キャンペーンの謎 日本パラドックス(2)

スモーカーは国民医療費をひきあげる国賊だ、という禁煙キャンペーンが癪に障るので、ちょっと調べてみた。
Googleで最初に引っかかってきた政府統計は平成11年度版だった。
とりあえず、この統計を使ってプロットしたのが↓の図だ。
国民医療費 年次推移

1977年度の国民医療費総額を基準値100(総額約8兆円、そのうち公費は三分の一負担;この負担比率はほぼ同じ)としてプロットした。『45歳以上』と『65歳以上』の差分は45~64歳の人々に充てられた医療費である。なお、タバコ税(ウィキ)による1999年度の国家収入は約一兆円)。

国民医療費の増加率の大半が『45歳以上』のもので説明でき、更にそのほとんどが『65歳以上』の部分で説明できる。
つまり、国民医療費の増加は人口動態の高齢化によって説明できるということだ。

したがって、仮に喫煙が寿命を大きく縮める効果をもつなら、国民医療費の増加を嘆くひとたちにとってはスモーカーこそ礼賛すべき衆愚なのだ、ということにはならないか、な?

ま、どちらでもいいのだけれど。
関連記事

テーマ : 禁煙・タバコ - ジャンル : ヘルス・ダイエット

18:56  |  喫煙  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメント:を投稿する

URL
コメント:
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメント:を表示  (現在非公開コメント:投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバック URL

→http://euglena00.blog.fc2.com/tb.php/15-444d97cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。