04-<< 2017-05- >>06-

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.02/04(Sat)

粉ミルク、牛乳、核実験

60年代、僕は少年時代を過ごした。核実験反対の声もなかったわけではないだろうけれど、、町では、安保反対とか原潜寄港反対の運動が結構盛り上がっていたように思う。何にも知らない小6の僕も、塾の行き帰りなど、町でもらった「安保反対」風船をかかげ、友達と連れ立って「あんぽはんたーい」と口真似しながら楽しくスキップしていた記憶がある。東京オリンピックのころだ。

それで、米中ソの核実験によって日本国土が汚染されているとは全然気づかなかった。
今回の原発事故で僕もあらためて当時の汚染状況を知るところとなった。
明治の粉ミルク問題については、カリウム40とセシウム137(3)でも触れたが、日本における食品の汚染状況については、ブログ(核実験時代の粉ミルクの汚染は最大350Bq/kg(Cs-137)。やっと近年、1Bq/kgを切ってたのに!|爆発後の日々)でも紹介されているように、(財)日本分析センターの『食品と放射能』のページで簡単に調べることができる。一例を↓に示す。Cs-137 yearly changes

当時、小学校、中学校では給食に必ず牛乳がついており、誰もが強制的に内部被曝させられていた、とは知らなかったなぁ。
いまさらどうしようもないけれど、直前のブログで載せた死亡数の年次推移のグラフ、仮に核実験がなかったら、死亡年齢の最頻値がもっと高齢よりに変化していたかもね。
関連記事

テーマ : 食と健康 - ジャンル : ヘルス・ダイエット

23:36  |  低線量被曝  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメント:を投稿する

URL
コメント:
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメント:を表示  (現在非公開コメント:投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバック URL

→http://euglena00.blog.fc2.com/tb.php/21-f244358e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。