04-<< 2017-05- >>06-

12345678910111213141516171819202122232425262728293031
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.02/08(Wed)

禁煙キャンペーンの謎 日本パラドックス(5)

1960年前後から開始された、牛深村(半農半漁)と田主丸(農村)(いずれも九州)の総計約千名(開始当初40~59歳)を対象にしたコホート追跡研究、最初の10年間のまとめが下の図です(再掲)。
7 counties Japan

その出典は1980年の著書Seven countries: a multivariate analysis of death and coronary heart diseaseで、その後、1993年の論文The French Paradox: Dietary Factors and Cigarette Smoking‐Related Health Risksにもこのデータに依拠して
In Japan (not shown), the risk did not increase at all.

と堂々と記載されていました。私自身は後者の論文で初めてこの衝撃的な事実を知りました。フレンチパラドックスも印象的でしたが、ジャパニーズパラドックス(日本パラドックス)の方がずっと凄いことです。

しかし、なぜか、日本国内ではこの研究成果は一般の話題に上がりませんでした。禁煙キャンペーンのせいでしょうか?
いずれにせよ、この二村の調査を行ってきたのは日本人研究者のグループです。

その後、1995年には25年間の調査結果をまとめた日本グループによる論文
The Seven Countries Study in Japan:Twenty-five-year Experience in Cardiovascular and All-causes Deathsが公刊されています。前回にも触れたように喫煙リスクが現れたようです。その統計の読み方が私にはわからないのですが、全死因による死亡リスクで一番重要なのは加齢(年齢)で、その次が喫煙で、加齢リスクの約10分の一ほどの寄与率を算出していました。

次の図は、別の著者による論文Cigarette smoking and mortality risk: twenty-five-year follow-up of the Seven Countries Studyの図から拝借したものです。全死亡因(all-causes)による25年間の死亡率について、一日10本以上の喫煙者と非喫煙者の差をプロットしたものです(黄色のマーカーは私が付けました)。
1999 7 countries all-causes

一番左の値(Pooled)は7か国すべてのデータをまとめたものです。田主丸では信頼区間は横軸スレスレ(非喫煙者と差がなく)ですし、牛深では信頼区間が横軸を超えてしまっています。ちょっと信頼区間が大きすぎますね。平均値でいくら差があろうと、これでは喫煙者の方が死亡率が高いとは言えないのではないでしょうか?因みに、このデータを用いて喫煙による大雑把な損失寿命(損失余命)を試算してみると田主丸で4.5年(95%信頼区間0.0~8.9年)、牛深で2.4年(95%信頼区間 -2.1~6.9年)となります。

その後、7か国の他の国で40年追跡(2000年前後に終了しているはず)をまとめた論文がちらほらあるようですが、日本の分については探すことが出来ませんでした(2000年段階で、80~109歳になっているはずなので、ほとんどの方が死亡してしまって、つまり死亡率の差がなくなって喫煙リスクが出せないかも;とはいえ、喫煙者と非喫煙者の死亡率の年次推移の生データを公表してほしいです)。

次の図は、もっと大規模なコホート(1980年開始、30歳以上、約1万人)についての20年追跡研究Life expectancy among Japanese of different smoking status in Japan: NIPPON DATA80.(いわゆるNIPPON DATA80)のうち男約5千人についての平均余命に関するデータを私が作図したものです。
2007 NIPPON DATA80

この論文では、喫煙による損失余命(喫煙者と非喫煙者の平均余命の差)(損失寿命)は2,3年と結論しています。図で各点に付した縦棒は95%信頼区間を表します。加齢するにつれ、徐々に差が縮まっていくようにみえますね。

運よく75歳まで生きられれば、喫煙によるリスクはほとんど消えています。

75歳を過ぎるとヘビースモーカー(右図)の方が非喫煙者より長生きしそうですし。
左の図は、全喫煙者です。

そこまで僕生きられるかなぁ?
関連記事

テーマ : 禁煙・タバコ - ジャンル : ヘルス・ダイエット

tag : 7か国研究 田主丸 牛深 全死因 損失寿命 平均余命 NIPPON-DATA80

17:04  |  喫煙  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメント:を投稿する

URL
コメント:
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメント:を表示  (現在非公開コメント:投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバック URL

→http://euglena00.blog.fc2.com/tb.php/26-b08b19fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。