08-<< 2017-09- >>10-

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2012.01/28(Sat)

カリウム40とセシウム137 (2)

カリウム40の体内蓄積量について大きな誤解があるようだ。
例えば、↓
hsugigonさんが説明する「体内のカリウムとセシウム」

ある元素の体内量が、体のホメオスタシスにかからないのであれば、その放射性同位元素の体内蓄積量(飽和量、定常値)は次式にしたがう。
1.44×1日の摂取量×有効半減期
(ただし、有効半減期=実効半減期は日数として表す)
前回に記した式と表現は異なるが実質は同じだ。
しかし、体内量がホメオスタシスによって維持されている元素であれば、話はまったく別になる。

このことを混同した議論が蔓延しているようなので注意して欲しい。
その混同の結果、カリウム40による自然内部被曝でも、カリウム摂食量に応じて「実に大きく」変わっているのが普通のことなのだ、、、という結論が導き出されている。これはドンデモない。

カリウムの約一万分の一は放射性カリウム40だ。
もし、K40の量が上式で決められているとすると、カリウム摂取量が多い人ほど自然内部被曝が強い、ということになる。
この誤った結論から導かれる結論は
①カリウム40の被曝をできるだけ抑えるためにはカリウム摂取量をできるだけ落とせ、とか
②カリウム40の蓄積量は高カリウム摂食により8000 Bqを超える場合もあり、したがってこの程度の内部被曝は人体に悪影響はない、云々
と言った形で、セシウム137摂取は健康に影響しない、というトンデモない結論を導くために使われているようだ。
困ったものだね。

カリウムはすべての細胞にとってなくてはならない元素であり、適正量を維持しなくてはならない。このため、どのような生物もその存在量はある一定の範囲に収まるよう、ホメオスタシスによって調節されている。人体の場合、体重のおよそ0.2%を占めている(すなわち、60 kg の成人ではおよそ 120 g のカリウムが含まれる(Wikipedia)。このうちカリウム40が一万分の一(より正確には0.000117,つまり12.2 mg)あり、カリウム40の比放射能が260 Bq/mg(原子力資料情報室)であるため、体内には 12.2 x 260 ≒4000 Bqが含まれることになる(カリウム1 g当り約30 Bqのカリウム40が含まれるといってもよい)。

セシウム137は比放射能が高い(3200 Bq/ng; カリウム40の1000万倍以上)。毎日カリウムを2 g摂るとするとカリウム40は60 Bq。セシウム137を同じ60 Bq摂取しても、重量としてはカリウム40の千万分の一以下。カリウム全体の千億分の一以下という勘定になる。

セシウムに対する独自のホメオスタシスはどのような生命も持ち合わせていない、と考えるのが妥当である。カリウムのホメオスタシスによってある程度の調節はされるだろうが、前回述べたように、セシウム137の生物学的半減期はカリウム40より2倍以上も長い。このことと、セシウム137の比放射能の圧倒的高さとから、その放射能はカリウム40以上に蓄積する可能性がある、と考えるのが妥当だろう。

関連記事

テーマ : 放射能汚染 - ジャンル : 政治・経済

20:30  |  低線量被曝  |  TB(0)  |  CM(0)  |  EDIT  |  Top↑

コメント:を投稿する

URL
コメント:
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメント:を表示  (現在非公開コメント:投稿不可)
 

▲PageTop

この記事のトラックバック URL

→http://euglena00.blog.fc2.com/tb.php/7-cccc94d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック:

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。